古墳研究室    吉田 カルチャーパーク
階層表示吉田カルチャーパーク
      ┗歴 史 館

 埼玉県    ┣古墳研究室
小山川流域      ┗深谷市 岡部1
最終更新日2016年12月15日
 サーバー変更
初版 2009年09月27日


 深谷市(旧岡部町)櫛引台地北端の古墳。
深谷市は律令時代に「榛沢郡」(岡部町)と「幡羅郡」(深谷)が置かれている。二つの郡はともに狭い地域である。このことは狭い地域ながら租税の徴収額が大きかった事。言い換えればそれだけ豊な米穀産地で、従事人口も多かった事を意味する。
幡羅郡の資料は見受けられるが、榛沢郡の資料は乏しい中宿遺跡で郡衙の倉庫が復元されているのに郡庁(郡衙の庁舎)の比定資料が無い。
深谷市の「遺跡 データベース」を見ると岡部には弥生時代の遺跡が意外と少なく、縄文時代からいきなり後期古墳時代に移行したようにととれる。

岡部を古墳築造時期から考察すると、つぎのようなことが判ります。
6世紀前半から中頃の朝鮮半島南部の戦乱が、日本列島への移住を引き起こした。比較的未開地の東国に大量な人口移住があった。畿内や先遣移住者の手引きで、利根川左岸の太田市地域や右岸の小山川流域、荒川流域に朝鮮から集団が渡ってきた。初めに榛沢が栄え、人口増加にしたがって、幡羅郡に経済圏が移動したのではなかろうか。このため榛沢の資料が乏しい。幡羅(はら)は朝鮮半島南部の加羅、伽耶に居住した秦氏が多く移住して呼ばれた地名。また幡羅(深谷)に城郭が残り明治時代にも繁栄中心地であった。
榛沢は古代「はむざわ」と呼ばれ、ヨシ(葦)、オギ、マコモの群生する湿地と河畔に榛の木が繁る土地でした。現在もこれら自然が残っている。
この湿地は遠く秩父の皆野町から流れる小山川(こやまがわ旧名称見馴れ川)と南西から流れ込む志戸川(しどがわ)の合流によりもたらされた。
本庄市東端の小山川グリーンセンターと、接する岡部西地区の新岡部変電所付近、ボートピア岡部(競艇場)は今でも湿地である。志戸川と合流した小山川下流は近年の水田開拓化まで湿地帯であった。
岡部駅北川の中宿遺跡あたりからの涌水は福川(ふくかわ)となって、幡羅郡を流れ、底の浅い船で両